そらとりオンラインカウンセリング

オンラインカウンセリングとは、パソコンやスマートフォンを通してお互いの顔を見ながら行うカウンセリングです。

外出が困難な方やカウンセリングに行く時間がない方、また誰にもカウンセリングを受けていることを知られたくない方にお勧めです。

こんなことでお悩みの方へ
クラニオセイクラルセラピー・ バイオダイナミクス
  • 不安やストレスで押しつぶされそう
  • なんだか気分が上がらない
  • 身体が重だるい
  • イライラやうつうつ
  • 自律神経の乱れ
特徴

一般的に「カウンセリング」というとつらい症状をお話ししていただくイメージがあると思いますが、そらとりでは身体(神経系)に働きかけてこころの重荷を解いていくといった特徴があります。

体験者の方のご感想
  • たった10分でストレス指数が「8」から「1」にまで下がって、すごい!
  • こころのざわつきがなくなり、落ち着いてきた。
  • 職場に苦手な人がいたけど気にならなくなってきた。

ストレスの原因となる「出来事」自体は残りますが、そこにまとわりつくネガティブな感情が溶けてなくなっていくというイメージです。

手法

ボディコネクトセラピー、ポリヴェーガル理論、フォーカシング、自律訓練法、など

ボディコネクトセラピー

ボディコネクトセラピー(BCT)は、EMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)やBrainspottingSomatic ExperiencingSE)、TFT(思考場療法)など、トラウマケアに有効な心理療法のエッセンスを集約した、最新の心理療法の一つです。

★タッピングや眼球運動でストレスを軽減していきます

(以下、ボディコネクトセラピーのHPからの引用)
愛着理論、ポリヴェーガル理論を下敷きにし、海外のエネルギー心理学(タッピング)や東洋医学の科学的な研究、眼球運動(両側性を主流とした刺激ではない)、ボディワークを活用しており、統合的心理療法と言える。
(引用ここまで)

ボディコネクトセラピーについてもっと知りたい方はこちら

ポリヴェーガル理論

ポリヴェーガル理論とは、1994年に精神医学のステファン・ポージス博士が提唱した新しい自律神経の理論です。
詳しく知りたい方はこちら

フォーカシング

フォーカシングとは、「からだの声」に耳を傾け、ほどよい距離を保ちつつ、切り捨てることなく寄り添い、そこに自然と生じる「気づき」や「変化」を、ただ静かに見守る技法です。

自律訓練法

自律訓練法とは、自己暗示によって心身をリラックスさせ気持ちの安定や健康の増進を図る方法です。

実施していると、クライアント様への負担が少なく、玉ねぎの皮を1枚1枚剥いでいくように変化が起きることが多いように感じます。

クライアント様の状態を見させていただき、上記手法の長所を組み合わせて行っていきます。

セットメ ニュー「脳内ストレスdetoxタッチ」もおススメです。→リンク

料金

40分 5,000円

予約手順

無料電話相談(10分以内)

ご予約

キャンセルポリシーはこちら

お支払い(クレジットカードもしくは銀行振り込み)

ZoomのURLの送付

当日ご相談

その他おすすめ

こころの傷は脳に刻み込まれるともいわれています。頭部への優しいタッチとのセットメニュー「脳内ストレスdetoxタッチ」もおススメです。→リンク